QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログをお引っ越ししました!

Category : 未分類
こちらご覧いただきありがとうございます!

2015年6月1日をもって、ブログをこちらに引っ越ししました。

ただいま日記〜父親になって改めて考える家事のこと〜


これからもどうぞよろしくお願い致します。

NPO法人tadaima!
三木智有
スポンサーサイト

パパのゴミ捨てを自主的に!今すぐ導入すべき53cal知ってる!?

Category : ・家事シェア考察

↑こちら、あるパパ向け家事講座で「あなたが家事をやる理由」を考えてもらった時のパパの答えwwwもうちょっと自主性を持って欲しいですね 


 ゴミの仕分けって面倒くさいなぁ。

大型のマンションなどだと、いつでも24時間ゴミ出しOKのゴミ置き場なんかがあって便利なんでしょうけど、わが家にはそんな便利なスペースはありません。
当然、アパート前のゴミ捨て場に曜日毎にゴミを捨てにいきます。

月曜日、燃えるゴミ。
火曜日、燃えないゴミ。

なんて感じです。
このゴミ毎の曜日仕分けですが、みんなどうやって確認していますか?
昔は、市で配ってくれるごみの日カレンダーを貼って、ふむふむ確認してました。

その後、少し進化したわが家ではiPhoneのリマインダーを使ってごみの日を教えてくれるように設定をしていました。


あれから1年。
わが家ではいま、画期的なサービスの導入により、ごみの日をリマインドしていますwww


■毎日「ゴミの日」を教えてくれるサービス、53cal(ゴミカレ)!

この53calは自分の住んでいる町を選んで登録をすると、毎日何ゴミを捨てられる日かメールで教えてくれます。
何よりも、登録が簡単でアッと言う間だし、ゴミの日カレンダーも確認ができます。
ゴミ捨てって自治体によって資源の分け方も違うし、2週に1回”有害ごみ”が入ってきたりと結構リマインダー設定が大変だったんです。
ところが、これならそんな面倒な手間は一切なし。
かなりの数の地域が網羅されているので、きっと自分の住んでいる町も見つかるはず。

登録は簡単。


ーーーーーーーーーー

53calのサイトに行きます。


【TOP画面】

ーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーー

②そしたら、自分の地域を選択します。


【たくさんの地域を網羅しています】
ーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーー
③空メールを送信!


登録は以上です!
ーーーーーーーーーー



ーーーーーーーーーー

すると、






ーーーーーーーーーー
こんな感じでメールが届きます。

さらに、当日朝6:00配信か、前日夕方6:00配信かを選べます!

ナイスホスピタリティ!!

朝のゴミ捨て。毎朝メールが届くことで「あ、今日は燃えるゴミの日だな」など意識することができるようになります。

妻に集めてもらったゴミを運ぶだけでなく、ちゃーんとまとめて、ゴミ袋のセットまでやるようにしないとですよね!




パパ知ってる?ベイビー連れの東海道新幹線は、絶対11号車な理由!

Category : ・日記


今日は従姉妹の結婚式に参加するべく、
大阪まで小旅行です。

娘を連れて新幹線での旅行は2回目。
1回目は京都へ3月に。この時は娘生後4ヶ月。
そして今回は6ヶ月。

たったの2ヶ月だけですが、この間に寝返りをするようになったり、
離乳食が始まったり保育園に通い始めたり、
と娘の成長とともに生活もずいぶんと変わったように思います。


新幹線旅行ということで、やっぱり心配事がたくさんあったわけです。


◾︎長時間の移動に耐えられるか?

これは主に親のストレス。まわりに迷惑をかけるんじゃないかという点。
特にため息やら迷惑そうな視線やら、後は気遣いの視線も意外と痛い。
眠っててくれるなら全く問題ないけど、長時間移動になると泣く時間も出てくる。
ずっと泣いてたらどうしよう。なんて考えただけでゾッとします。


◾︎オムツ替えやら授乳やらどうすればいい?

移動中は当然公共の場にいるので、その場ですぐ対応ってのも難しい。
オムツ替えだってオムツ替えシートがないとやり辛い。寝返りをどんどんうつようになってからはなおさらです。
また、授乳だって安心して落ち着いてやれる空間と時間が確保できてるといいですよね。

◾︎ベビーカー置く場所ない!
わが家は機動性重視でベビーカー置いて来ちゃいましたけど、ベビーカー移動をしたい方もいるかもしれない。
でも移動中のベビーカーって何かと炎上しがち。。。
通路の真ん中に置きっ放しってのもな。


などなど、大人だけなら窓側がいい!とか喫煙車両はNG!とかくらいしか気にしなかった新幹線の座席。
赤ちゃん連れになると、結構ドキドキしちゃいます。



赤ちゃん連れの東海道新幹線のぞみは、11号車12(13)列のAB席、または11号車のDE席を確保すべき!

新幹線旅行2回目になる妻が確信を持って確保していたのが、この座席。
子育て中のママさん達には結構知られているらしいのですが、妻に教えてもらったポイントをおさらいします。


◾︎なぜ11号車なのか?

11号車と12号車の間に多目的室があります。
勝手には入れないのですが、車掌さんに言えば開けてもらえます。
落ち着いて授乳をしたり、どうしても泣きやまない時に少し避難をしたり!
万が一の時の避難スポットになります。

もうひとつ。
多目的トイレもあります。ここにはオムツ交換台が設置されているので、安全にオムツ替えができます。
ガタガタ揺れる中のオムツ替えってかなり大変!オムツ替え台ってすっごく重要なんですよねぇ。

さらに。
ホーム内での階段やエレベーターが近い!
階段上がってすぐの所に11号車の乗り口があるんです!これって計算されてそうなってるのかな?
いずれにせよ、荷物が多くなったり慌ててギリギリになったりしがちな子連れさんにはとてもありがたいのです。

もうひとつついでに!
多目的室や多目的トイレのある11号車と12号車の間の通路。
ここは広いんです。だから子どもがぐずった時の避難場所にピッタリ!
流れる景色を眺めながら、ギャン泣きする娘をあやすのもオツなものです。


◾︎なぜ12(13)列のAB席がオススメなのか!

11号車は13列までしかありません。
その一番後ろと二番目にあたる12列と13列のAB席はC席がありません。
車椅子を置くことができるように空いているのですが、ここにベビーカーを置くこともできるんです。
なので、ベビーカー移動のご家族はここを確保すべき!

☆追記☆12列ABと13列AB席は車椅子でのご利用の方がいらっしゃらなかった際に、当日開放される席のようです!こちらブログを読んで下さった方からご指摘を頂いたので追記しますm(__)m


◾︎ベビーカーでなきゃDE席!

ABC席は3人掛けですが、DE席は2人掛け。
やっぱりお隣に他の人がいるとお互い気を使ってしまうことも。
なので2人掛けだと自由度が高まって、より安心なんです!
ABC席になった場合は、乗った時や降りる時に一言「騒がしくしてすみませんでした」などお礼を述べるようにしてます。


わが家も2回目の新幹線旅行。
行き帰りともに11号車席を確保です。
これ、パパさんが座席予約して、ぜひホスピタリティーを発揮したいところだなぁと。

子連れの家族も多いので、抱っこ紐パパと通路で一緒なったりもしますよー!

インテリアの専門家が生後6ヶ月のわが子のため考えた模様替え、3つのポイント!

Category : ・家事シェア考察


子どもの成長に合わせて、これまで何の問題もなかった部屋が過ごしづらくなったり、手狭に感じるようになったりすることってないですか?
これまでは、ソファの上でじっとしていた赤ちゃんが寝返りをするようになって危なくなったり。
広いスペースで思いっきり遊べるようにしてあげたくなったり。
オムツ替えだって、ある程度の広さを確保した状態でやらないとやりづらくなって来ますよね。

わが家の娘もガンガン寝返りをするようになって、あっちこっちに転がりまわるのが大好きに。
おもちゃもバッタンバッタン振り回すし、もうソファではオムツ替えなんて危なくてできない状況に。。。


と、言うことでゴールデンウィークにちょうどハーフバースデーも迎えることだし、思い切ってガツッと模様替えをしようと言う事に。
その際の解決したい課題は以下の様な内容になりました。

■模様替えでこれを解決したい!
1>寝返りをうつようになったため、ソファの上に寝かせることができなくなった!
2>プレイジムを壁際に置いているため、ゴロゴロしてたら遊べるスペースが少ない!
3>子どものおもちゃが散乱するようになって来た!そして今後もっともっと増えるだろう!
4>保育園のお知らせなどが定期的に届くようになった!
5>家事をしながら目が届く場所に娘のスペースを作りたい!


ざっと上記5つ程の課題が上がりました。
恐らく、生後6ヶ月位の赤ちゃんのいるご家庭なら、多かれ少なかれ似たような悩みを抱えるのではないでしょうか。

<POINT1>
模様替え開始前にはゾーニングをしっかりイメージする!

ゾーニングとは「スペースを区画する」ことです。つまり、ここらへんにキッズスペース、ここらへんが収納スペース、なんて具合に。
頭でイメージしてもいいのですが、もし可能なら簡単に絵にすることをオススメします。
そうすることで動線が見えてくる。ここにこのスペースがあった方が近くていいよね、とかが可視化されます。

このゾーニングを通して確認すべきは2つ!

■模様替えのテーマを決める!
何となくゾーニングをしていても、何のために模様替えをするのかがハッキリしていないと意味がありません。
限られたスペースであらゆる要望を叶えるのは至難の技。
だからこそテーマをハッキリとさせるのです。

わが家の今回の模様替えテーマは、

「ゴロンゴロンできるキッズスペースをつくる!」

です!これを目標に模様替えしていきます。


■スペースの優先順位を決める!
決して広くはないわが家。限られたスペースの中で全てを満たすことはやはりできない。
なので、ゾーニングをしながら確保したいスペースの優先順位を決めていきます。
わが家の決断としては、夫婦の仕事スペースを一緒にして部屋を広く使う。でした。
この決断にもテーマが重要な役割を果たします。
テーマがハッキリしてるからこそ、捨てるべきスペースを決められるのです。


<POINT2>
子どもの成長に合わせたキッズスペースをつくる!


今回のわが家のテーマでもあります。
子どもの成長に合わせて必要なスペースは変わってくると思うのですが、この時期はついに子どもがアグレッシブに動き始める時期。そんな遊びたい気持ちを妨げないようにしっかりとしたスペースの確保は必須です。

このキッズスペースにも設けるポイントがあります。

■広さ
しっかりとしたスペースとは、どの位なのか。
わが家にあるプレイジムは80センチ角。寝返りをはじめたくらいの子が動きまわるのはせいぜい1m四方程。
ですが1m四方程のスペースだとちょっと狭いんです。
わが家では2m×1.6mのスペースを設けました。

この位の広さがあるとズリバイやハイハイをはじめてもある程度安心。
大人もゴロンとできるし、オムツ替えもとてもやりやすい!

■タイルカーペット
フローリングだとゴロゴロするにはちょっと痛い。
そこでオススメなのがタイルカーペット。子ども用のスポンジタイルなんかも100均などで売っていますが、せっかくならもう少ししっかりしたものを使いたい。
そこで、tadaima!でリフォームを担当したおうち保育園(NPO法人フローレンス運営)でも使用した東リのスマイフィールアタック
裏にはすべり止めがついていて糊付けしなくてもピッタリ置けるし、軽いし、カットするのも簡単。
柔らかさも充分で、汚れ防止加工もされています。カラーも色々とあるので組み合わせるととても可愛いんです。

■子どものおもちゃ入れの近くに設置
今はまだおもちゃも少ないのでいいのですが、3歳くらいになると結構いろんなおもちゃが増えてきます。
プラレールとか、ぬいぐるみとか、プリキュアとか。
子どもには自分の物は自分でお片づけしてもらえるように、ちゃんと自分用のスペースをつくってあげようと考えています。
将来おもちゃ入れを置くことを前提に、キッズスペースをつくっておくといいでしょう。


<POINT3>
大人のためのスペースは、空いてる空間をDIY!


キッズスペースを大きく取る上で、隅っこに追いやられたのが大人のための仕事スペース。
もともと大きな机(60センチ×120センチ)2台分を配置していました。

夫婦各々が家で仕事をすることも多いので、書類もあるし、集中できる作業スペースも必要なのです。
最初は妻の机のみ処分して、僕の机を残そうと思っていました。
しかし、それだと空間としてはあんまり広がらない。
なので、もうそのスペースはなかったコトにしてしまいました。

そしてゾーニングを考えていく中で、ちょっとしたデッドスペースができてしまっていることに気が付きました。
机を配置するには小さい。棚を置くならピッタリだけど、棚はそんなに必要ない。

そこで、コーナーにL型の机をDIYすることに!
机の下に入れていた3段引き出しも、1段目が僕、2段目が妻、3段目は半分ずつ。とシェアすることに。
さらに椅子も処分して使う時はダイニングから持ってくるようにします。

この新しくつくった仕事スペースが思っていた以上に快適で!結局机が必要、とか個人のスペースが必要、とかのこだわりはそんなに重要ではなかったんだなぁと感じています。

少し発想を変えることで、これまで必要と思っていたスペースを大胆に減らすことができるかもしれません。
今回の模様替えではとにかく、キッズスペースを充実させることが最優先だったので、無理に両立させずに断捨離できたことは非常に大きなブレークポイントになりました。


<POINT番外編>
携帯グッズ&情報ボードをちゃんとまとめる!
子どもとの生活リズムがだんだんと決まってくるこの時期。日常的に使うアイテムと、そうでもないアイテムなどもはっきりし始めて来ました。
わが家では、

■携帯オムツセット
オムツ
お尻拭き
オムツ捨て用ビニール
ガーゼ

■朝の準備セット
ローション
乳液
ワセリン
爪切り
体温計

が必須の携帯グッズに!それらを小さなBOXにまとめて、いつも子どもと一緒にあちこち持ち運んでいます。
小さなことですが、まとめておくと便利だなって思ったらちゃんとまとめるといいですよ(そのまんま)




子どもがもう少し成長して、歩きまわるようになって来たら今度は安全面をもっと充実させないと行けないなと思っています。
子どもにとっての安全はもちろんですが、親が安心して子どもを遊ばせられることでストレスフリーになるのが実は大切なんだと思っています。

今回はキッズスペースを広く設けたことでオムツ替えもしやすくなり、娘も自由に遊べて快適な空間が作れたと思います!

大変だけどやってよかったー!

初!娘と2人きりの夜

Category : ・日記



昨日から今日にかけて、妻が仕事のため大坂へ出張に。
人生初の娘と2人きりの1日が始まりました。

これまで「夫婦で一緒に育児をがんばって来たんだ!」と言う成果の問われる1日になりそう。
やはり心配だったのは「お風呂」と「夜泣き」と「朝の準備」この3点。
どれも2人体制で乗り切ってきているので、これらを無事にひとりでこなせるかどうかがポイントでした。


「お風呂」
これは僕が仕事が遅くなる日などは妻にひとりで任せることもあるし、何度か僕自身ひとりでやったこともあるタスク。
しかも春が来てすっかり暖かくなったため、大急ぎしなくてもまぁ娘も風邪はひくまいと思うのです。
ここで敢えて自分に課したポイントは「娘を泣かさない」でした。
いつも僕がお風呂に入れて、その後娘を妻が受け取って着替えさせる。と言うのがわが家のお風呂スタイル。
お風呂マイスターの父としては、極上のお風呂タイムを娘にプレゼントし続けたいわけです。

今夜は受け取りをしてくれる妻がいない。
娘が泣くか泣かないかは、この「自分の身体を拭いて着替える」「娘をリビングへ連れて行く」の間にかかっているのです。

いつも通りに一緒に湯船に浸かり、娘もニッコニコ。
娘をお風呂スポンジの上に乗せて、上からタオルをかけて、その間に自分の身体を拭いて寝間着に着替える。
娘をスポンジからピックアップして、リビングへダッシュ!
頭も乾かさないまま、なんだか身体もまだ半分濡れているような状態のまま、娘を泣かさないように引きつった笑い顔で狭い家をダッシュする姿が面白かったのか、娘氏は終始ゴキゲン!!!

その後、鼻がズビズビしている娘の鼻水を吸うので、結局娘さんは人生に絶望しているかのごとくに泣きわめくはめになるのですが。。。



「夜泣き」
無事に寝かしつけも終り、お風呂も片付けて夜泣きに備えます。
これまでは一度寝たら朝までぐっすりだったんだけど、寝返りをうてるようになってから大暴れして勝手に起きてしまう娘さん。夜中の1~2時には1回起こされます。

問題(と、言うか面倒くさい)はその後の寝かしつけに授乳が必要な点。
おっぱいによる即時対応ができない父はミルクをつくるしかないわけです。でも、つくったり冷ましたり、その間ギャンギャンに泣かれると結構しんどい。

そこで、サーモスにお湯をセットして夜中の授乳に備えます。


…2時。うっすら緊張していたためか僕はバッチリ目が覚めてしまったのですが娘さんはまったく起きる気配なし。Facebookにつぶやきます。「娘寝てるのに、俺、目が覚めた」と。
でも、今寝たらすぐに起こされるかも、などとグズグズしていたら3時。娘さんは大イビキかきながらぐっすり。
結局娘さんが起きたのは4時30分。しかも全然泣かず、ご機嫌にひとり遊びしている模様。

めっちゃ寝たじゃん。夜泣きしなかったじゃん。俺、もう起きる時間だし。


「朝の準備」
その後、再度寝かしつけをして僕は起床。
僕はこの朝の準備でも自分にある事を課してました。それは「顔も洗ってない寝ぐせのまんまで保育園に連れて行かない」です。
もうね、妻無しで一晩過ごすってなったら保育園の先生達が「大変ですねー!」「大丈夫ですかー!?」ってすっごい心配をしてくれるわけです。
もちろん好意から心配をして下さっているわけだし、ただの会話でそんなに深い意味もないのかとも思うのですが心配をされる度に「パパひとりでできるのかなー?」「本当にあなた子どもと一緒に過ごせるのー?」と言われているような気持ちに(天邪鬼^^;)

ここは、朝ヘロヘロな顔して保育園に行く訳にはいかない!
シャキッとして、「何事もありませんが何か?」と言う顔して娘と共に登園しよう!と思ったわけです。

さて、朝の準備。

いつもシャワーを浴びるのですが、娘が起きて泣きだしてからのんびり浴びるわけにもいかず。
なので娘が2度めの睡眠に入った5時頃、こそーっとシャワーを浴びに。
シャワーじゃなくてもいいじゃん、って思いますが染み付いた習慣って不思議なもので「なんとしてもシャワーを浴びねばならぬ」と思ってしまっていました。
かつてないくらいに、大慌てでスリリングなシャワーでした。
なんだか、いつ爆発するかわからない爆弾を寝室に置いたままシャワー浴びてるような。。。


シャワーから出たら、爆発してましたけどね。。。




と、言うことで何とか朝の支度もバタバタと終えて保育園も無事に届けてホッと一息。
こうして妻抜きで一晩を過ごしてみて改めて思うのは、育児は2人体制で行うと本当に楽(ではないけど、ひとりよりは)。

1人体制になった途端に大変さって倍、じゃないんですね。時として3倍、4倍にも膨れ上がる。


妻がこれまでしてくれていたことで、本当に助かったポイントを2点。

「保育園とのやり取り」
先生たちに「私出張でいないんですー」とあらかじめ伝えていてくれたおかげで、保育時間を6時いっぱいまで引き伸ばしてもらうことができました。(それまではならしで4時過ぎまで)
先生たちも応援してくれるし、何だかんだで心強いことこの上ないです。


「育児記録」
冒頭の写真の記録。娘が産まれてから毎日毎日かかさずに記録しています。
何時まで寝て、いつトイレして、いつミルクをどの位飲んだのか。

この詳細な記録があるおかげで、娘との生活リズムを予想しやすくなる。
予想が立てられると不安も減るし、予想外のことが起こっても「予想外だ!」って対処しやすくなる。
娘の体調がいいのか悪いのか、ミルクをこの量しか飲まないのはいつものことなのか、そうではないのか。
この記録があると、育児の情報共有がスムーズ。

もし付けられるのなら、付けておくことをオススメします!



さあ、ゴールデンウィークはみんなでいっぱい遊びに行くぞー!!!






















【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。