FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパ知ってる?ベイビー連れの東海道新幹線は、絶対11号車な理由!

Category : ・日記


今日は従姉妹の結婚式に参加するべく、
大阪まで小旅行です。

娘を連れて新幹線での旅行は2回目。
1回目は京都へ3月に。この時は娘生後4ヶ月。
そして今回は6ヶ月。

たったの2ヶ月だけですが、この間に寝返りをするようになったり、
離乳食が始まったり保育園に通い始めたり、
と娘の成長とともに生活もずいぶんと変わったように思います。


新幹線旅行ということで、やっぱり心配事がたくさんあったわけです。


◾︎長時間の移動に耐えられるか?

これは主に親のストレス。まわりに迷惑をかけるんじゃないかという点。
特にため息やら迷惑そうな視線やら、後は気遣いの視線も意外と痛い。
眠っててくれるなら全く問題ないけど、長時間移動になると泣く時間も出てくる。
ずっと泣いてたらどうしよう。なんて考えただけでゾッとします。


◾︎オムツ替えやら授乳やらどうすればいい?

移動中は当然公共の場にいるので、その場ですぐ対応ってのも難しい。
オムツ替えだってオムツ替えシートがないとやり辛い。寝返りをどんどんうつようになってからはなおさらです。
また、授乳だって安心して落ち着いてやれる空間と時間が確保できてるといいですよね。

◾︎ベビーカー置く場所ない!
わが家は機動性重視でベビーカー置いて来ちゃいましたけど、ベビーカー移動をしたい方もいるかもしれない。
でも移動中のベビーカーって何かと炎上しがち。。。
通路の真ん中に置きっ放しってのもな。


などなど、大人だけなら窓側がいい!とか喫煙車両はNG!とかくらいしか気にしなかった新幹線の座席。
赤ちゃん連れになると、結構ドキドキしちゃいます。



赤ちゃん連れの東海道新幹線のぞみは、11号車12(13)列のAB席、または11号車のDE席を確保すべき!

新幹線旅行2回目になる妻が確信を持って確保していたのが、この座席。
子育て中のママさん達には結構知られているらしいのですが、妻に教えてもらったポイントをおさらいします。


◾︎なぜ11号車なのか?

11号車と12号車の間に多目的室があります。
勝手には入れないのですが、車掌さんに言えば開けてもらえます。
落ち着いて授乳をしたり、どうしても泣きやまない時に少し避難をしたり!
万が一の時の避難スポットになります。

もうひとつ。
多目的トイレもあります。ここにはオムツ交換台が設置されているので、安全にオムツ替えができます。
ガタガタ揺れる中のオムツ替えってかなり大変!オムツ替え台ってすっごく重要なんですよねぇ。

さらに。
ホーム内での階段やエレベーターが近い!
階段上がってすぐの所に11号車の乗り口があるんです!これって計算されてそうなってるのかな?
いずれにせよ、荷物が多くなったり慌ててギリギリになったりしがちな子連れさんにはとてもありがたいのです。

もうひとつついでに!
多目的室や多目的トイレのある11号車と12号車の間の通路。
ここは広いんです。だから子どもがぐずった時の避難場所にピッタリ!
流れる景色を眺めながら、ギャン泣きする娘をあやすのもオツなものです。


◾︎なぜ12(13)列のAB席がオススメなのか!

11号車は13列までしかありません。
その一番後ろと二番目にあたる12列と13列のAB席はC席がありません。
車椅子を置くことができるように空いているのですが、ここにベビーカーを置くこともできるんです。
なので、ベビーカー移動のご家族はここを確保すべき!

☆追記☆12列ABと13列AB席は車椅子でのご利用の方がいらっしゃらなかった際に、当日開放される席のようです!こちらブログを読んで下さった方からご指摘を頂いたので追記しますm(__)m


◾︎ベビーカーでなきゃDE席!

ABC席は3人掛けですが、DE席は2人掛け。
やっぱりお隣に他の人がいるとお互い気を使ってしまうことも。
なので2人掛けだと自由度が高まって、より安心なんです!
ABC席になった場合は、乗った時や降りる時に一言「騒がしくしてすみませんでした」などお礼を述べるようにしてます。


わが家も2回目の新幹線旅行。
行き帰りともに11号車席を確保です。
これ、パパさんが座席予約して、ぜひホスピタリティーを発揮したいところだなぁと。

子連れの家族も多いので、抱っこ紐パパと通路で一緒なったりもしますよー!
スポンサーサイト

初!娘と2人きりの夜

Category : ・日記



昨日から今日にかけて、妻が仕事のため大坂へ出張に。
人生初の娘と2人きりの1日が始まりました。

これまで「夫婦で一緒に育児をがんばって来たんだ!」と言う成果の問われる1日になりそう。
やはり心配だったのは「お風呂」と「夜泣き」と「朝の準備」この3点。
どれも2人体制で乗り切ってきているので、これらを無事にひとりでこなせるかどうかがポイントでした。


「お風呂」
これは僕が仕事が遅くなる日などは妻にひとりで任せることもあるし、何度か僕自身ひとりでやったこともあるタスク。
しかも春が来てすっかり暖かくなったため、大急ぎしなくてもまぁ娘も風邪はひくまいと思うのです。
ここで敢えて自分に課したポイントは「娘を泣かさない」でした。
いつも僕がお風呂に入れて、その後娘を妻が受け取って着替えさせる。と言うのがわが家のお風呂スタイル。
お風呂マイスターの父としては、極上のお風呂タイムを娘にプレゼントし続けたいわけです。

今夜は受け取りをしてくれる妻がいない。
娘が泣くか泣かないかは、この「自分の身体を拭いて着替える」「娘をリビングへ連れて行く」の間にかかっているのです。

いつも通りに一緒に湯船に浸かり、娘もニッコニコ。
娘をお風呂スポンジの上に乗せて、上からタオルをかけて、その間に自分の身体を拭いて寝間着に着替える。
娘をスポンジからピックアップして、リビングへダッシュ!
頭も乾かさないまま、なんだか身体もまだ半分濡れているような状態のまま、娘を泣かさないように引きつった笑い顔で狭い家をダッシュする姿が面白かったのか、娘氏は終始ゴキゲン!!!

その後、鼻がズビズビしている娘の鼻水を吸うので、結局娘さんは人生に絶望しているかのごとくに泣きわめくはめになるのですが。。。



「夜泣き」
無事に寝かしつけも終り、お風呂も片付けて夜泣きに備えます。
これまでは一度寝たら朝までぐっすりだったんだけど、寝返りをうてるようになってから大暴れして勝手に起きてしまう娘さん。夜中の1~2時には1回起こされます。

問題(と、言うか面倒くさい)はその後の寝かしつけに授乳が必要な点。
おっぱいによる即時対応ができない父はミルクをつくるしかないわけです。でも、つくったり冷ましたり、その間ギャンギャンに泣かれると結構しんどい。

そこで、サーモスにお湯をセットして夜中の授乳に備えます。


…2時。うっすら緊張していたためか僕はバッチリ目が覚めてしまったのですが娘さんはまったく起きる気配なし。Facebookにつぶやきます。「娘寝てるのに、俺、目が覚めた」と。
でも、今寝たらすぐに起こされるかも、などとグズグズしていたら3時。娘さんは大イビキかきながらぐっすり。
結局娘さんが起きたのは4時30分。しかも全然泣かず、ご機嫌にひとり遊びしている模様。

めっちゃ寝たじゃん。夜泣きしなかったじゃん。俺、もう起きる時間だし。


「朝の準備」
その後、再度寝かしつけをして僕は起床。
僕はこの朝の準備でも自分にある事を課してました。それは「顔も洗ってない寝ぐせのまんまで保育園に連れて行かない」です。
もうね、妻無しで一晩過ごすってなったら保育園の先生達が「大変ですねー!」「大丈夫ですかー!?」ってすっごい心配をしてくれるわけです。
もちろん好意から心配をして下さっているわけだし、ただの会話でそんなに深い意味もないのかとも思うのですが心配をされる度に「パパひとりでできるのかなー?」「本当にあなた子どもと一緒に過ごせるのー?」と言われているような気持ちに(天邪鬼^^;)

ここは、朝ヘロヘロな顔して保育園に行く訳にはいかない!
シャキッとして、「何事もありませんが何か?」と言う顔して娘と共に登園しよう!と思ったわけです。

さて、朝の準備。

いつもシャワーを浴びるのですが、娘が起きて泣きだしてからのんびり浴びるわけにもいかず。
なので娘が2度めの睡眠に入った5時頃、こそーっとシャワーを浴びに。
シャワーじゃなくてもいいじゃん、って思いますが染み付いた習慣って不思議なもので「なんとしてもシャワーを浴びねばならぬ」と思ってしまっていました。
かつてないくらいに、大慌てでスリリングなシャワーでした。
なんだか、いつ爆発するかわからない爆弾を寝室に置いたままシャワー浴びてるような。。。


シャワーから出たら、爆発してましたけどね。。。




と、言うことで何とか朝の支度もバタバタと終えて保育園も無事に届けてホッと一息。
こうして妻抜きで一晩を過ごしてみて改めて思うのは、育児は2人体制で行うと本当に楽(ではないけど、ひとりよりは)。

1人体制になった途端に大変さって倍、じゃないんですね。時として3倍、4倍にも膨れ上がる。


妻がこれまでしてくれていたことで、本当に助かったポイントを2点。

「保育園とのやり取り」
先生たちに「私出張でいないんですー」とあらかじめ伝えていてくれたおかげで、保育時間を6時いっぱいまで引き伸ばしてもらうことができました。(それまではならしで4時過ぎまで)
先生たちも応援してくれるし、何だかんだで心強いことこの上ないです。


「育児記録」
冒頭の写真の記録。娘が産まれてから毎日毎日かかさずに記録しています。
何時まで寝て、いつトイレして、いつミルクをどの位飲んだのか。

この詳細な記録があるおかげで、娘との生活リズムを予想しやすくなる。
予想が立てられると不安も減るし、予想外のことが起こっても「予想外だ!」って対処しやすくなる。
娘の体調がいいのか悪いのか、ミルクをこの量しか飲まないのはいつものことなのか、そうではないのか。
この記録があると、育児の情報共有がスムーズ。

もし付けられるのなら、付けておくことをオススメします!



さあ、ゴールデンウィークはみんなでいっぱい遊びに行くぞー!!!






















さっぱりスタ丼にんにく抜き、はもうスタ丼じゃない。。。

Category : ・日記



昨夜の晩ごはんはスタ丼。
妻がお昼にスタ丼の特集をテレビで見たらしく、じゃあ作ろうと言うことに。

豚バラを軽く湯がいて、たっぷりのネギとゴマ油で炒める。
ゆで汁と醤油、オイスターソースで合わせ調味料を作って味付け。

ご飯に卵の黄身をのせるのだけど、残った白身はゴマ油で香ばしく焼いて、先にご飯にのっけます。

海苔と炒めた肉をたっぷりのせて、黄身を落とす。


豚バラも1度湯がいてるからさっぱりしてるし、にんにくが無かったから(致命的。その代わり生姜たっぷり)たぶんこれはもうスタ丼ではないwww





食材の宅配サービス考察!

Category : ・日記



娘が生まれて5ヶ月。
ようやく、晩御飯もちゃんと作れるようになって来た。

この前遊びに来てくれた友人からのオススメで、大地を守る会の野菜セットをお試し購入。


宅配サービスがわが家にとってどんなメリットがあるのかを考え中。


時短問題。
買い物に行く頻度が減るので、時短には繋がる。
ただ、駅近にも、家近にもスーパーがあるので正直そんなに困ってないかも。


荷物が重い問題。
男の僕はあまり苦になってなかったけど、妻は娘を抱っこしての買い物のキツさをひしひしと感じている。
特に野菜は買うのが億劫になるとの事。
確かになぁ。


コストはどうなの?問題。
スーパーを近所の娯楽施設と思っている僕は、安売りしてたりするのを見てレシピを決めるのも好きだったりする。
まだ詳しく見てないけど、大地を守る会にも特売みたいなのはあるかもしれない。
とは言え、価格はスーパーの方が安い印象。



新鮮さ、美味しさ問題。
スーパーにもよると思うけど、ここに関しての大地を守る会への信頼感は確かに高い。
友人も「野菜の美味しさが全然違う!」とオススメしてくれてた。
実際、うちの近所のスーパーだと玉石混合で当たり外れも大きい。
しかも、目利き主婦達がめっちゃ触って、取っては戻してを繰り返してたりする(苦笑)
これって後から買う人にとってはあんまり気持ちの良いものではないよなぁ。


料理への強制力!
忙しくなったり、疲れていたりすると弁当や外食で済ましてしまう事も度々。
それはそれでいいんだけど、ある程度コストをかけた新鮮な食材が家にあるとモッタイナイ精神から、ひと頑張りして作りそう。
結果、食事コストは下がるのか⁉︎


まだ迷い中だけど、実際に届いた野菜は確かに美味しかった!
特にカブの甘さはちょっとビックリ。
噛んだらちゃんと素材の味がするってのはいいもんです。

ちょっと引き続き試してみようかなぁ。







不妊治療時に感じていた気持ちと覚悟のこと

Category : ・日記
a1180_013595.jpg


現在2014年5月20日。
妻、妊娠5ヵ月。

無事に安定期に入り、先日Facebookでも無事に妊娠の報告を終えました。
時が流れれば、色んな事は何となく忘れたり美化されたりするし、だから今の気持ちをちゃんと残しておこうと思うのです。


今日は不妊治療について。
もしかしたら、このブログを読む人の中には治療を乗り越えた人も、現在治療中の人も、治療を考えている人もいるかもしれません。
いずれの人にとっても、気持ちの励みになればと思います。


わが家は昨年から色々と病院に通い始めて、本格的に治療を開始したのは昨年末。
なのでおおよそ3ヶ月ほどで懐妊しました。
結婚当初から、妻は身体に不安があり妊娠しづらいかも、と言う話しは度々。
それでも、最初の頃は僕達も事業を始めようと試行錯誤していた時期だったり、なんだかんだと忙しく自然妊娠に希望を託していました。

この時点で、妻と僕との間に危機感的な感情のギャップは少し開き始めていたんだと、今は思うのです。

毎朝体温を測って、ノートにメモを取るようになり、「高温期だ、低温期だ」と言う話しが2人の中に出始めました。正直に言って、話している言葉の意味を理解するのが最初は難しかった。
生まれてはじめて、「妊娠についての知識の無さと、無論着さ」を感じたのを覚えてます。


よもや、こんな事は言わないと思いますが「生理が来た」と妻に言われて「良かったね」なんて何となく言ったりしてませんよね!?もう独身じゃないんだから、女性が言う「生理がきた」の意味は180℃違うニュアンスを含んでいるんですよ?


さて、実際の治療に入るには夫婦で相応の覚悟を決めなくてはならないのではと思うんです。
結婚してからの年月がきっかけになる人もいるだろうし、周りに色々言われてと言う人もいるだろうし、自分達で話し合いの上、と言う人もいるだろう。

いずれにせよ、治療は決して愉快なものにはならないだろうと言う漠然とした不安と、その先には待ち望んでいた待望の命を授かることができるのではないかと言う希望とがある。

意を決して病院に行けば、これからの治療の流れを説明され、かかる費用の話しもされる。
1回の検査や治療で数万円。それを経て体外受精に入れば数十万円の治療費が1回にかかる。
決して軽い負担ではない。

それらを捻出し続けることができるのか?
これらの治療に心がしっかりついてくることができるのか?

特にわが家はお互いにNPOを起業しており、お世辞にも収入に余裕があるわけではなかった。
だけどこの時ほど、ダブルインカムであることに感謝したことはない。
僅かずつでも、2人に収入があると言うことは負担は半分ですむのだから。

そして実際に妻はこれまでとは働き方を変える決意をした。
僕はこれまで断っていたようなインテリアの仕事も積極的に受けるようにした。
それでも、僕は自由に働かせてもらっていた。自由に働けることが、どんなにかありがたいことか。

とにかく、治療は始まったばかりで、いったいいつまで続くのか解らなかった。
毎回、これで最後になることを祈りながら。それでも1年、もしかしたら10年続くかもしれなかった。


何より心配だったのは妻の心身。そして夫婦の関係のこと。
いづれかに大きな支障が出るようなら、インターバルを取るか、治療をやめて2人での暮らしにシフトするかしなくてはいけない。
僕は一番大切なことは、子どもを授かることではなくて、僕達が与えられた選択肢の中で一番幸せになることだろうと思っていた。



覚悟。
自分がどれだけの覚悟を持てていたかは今でも定かではないけど。
よく覚えているエピソードがある。

ある時、妻が僕が飲む用の漢方を大量に持って帰ってきた。
でも先生はそれを飲む理由を、僕が傷つくから、と言うことであんまりはっきり言わなくていいと妻に言っていた。
でもね、なぜ男性にだけ傷つくとか、そんなことを気にするんだろう?
別に自分の精子に多少元気がなくたって、そんなことで傷付きゃしないし、薬を飲んで元気になるならそれでいいと思うんです。
そのくらいの覚悟は持っている。だからハッキリと言って欲しい。


とは言え、男性の中には治療を嫌がったり(って言ったって精子の採取くらいなものですよ)プライドが傷つくからって協力をしなかったりする人が多いと言うのも聞いた。


もし、これを読んでいる男性がプライドを気にして治療を拒んでいるのだとしたら、さっさとそのプライドを捨ててしまったほうがいい。
気持ちは解らなくはないです。誰かに指図されて「出せ」だの「出すな」だの言われるのは不愉快です。
だけど、パートナーはもっと不愉快な思いをしている。もっと大変な思いをしている。
しかも、だいたいにおいて「出せ」だの「出すな」だのを伝える役割まで担っている。


だからね、覚悟って必要だと思うんです。
経済的な覚悟。共に乗り越えるんだって覚悟。もしかしたら授からないかもしれないっていう覚悟。



ぼくにとっての覚悟は、最終的には2人が一番幸せに思える道を歩くことでした。



【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。