QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のための、片付けなのか。これからのtadaimaを考える。

Category : ・家事シェア考察
備忘録です。


「家事シェアリング」と言う事を今考えている。
女性が社会進出をする機会をもっと支援するための活動が活発になっている。家事や子育てに追われて、自分の目指す未来を見失ってしまわないように様々な形で働くための環境を良くしようと、社会は進んでいる。


それに対して、男性の選択肢はどうだろうか?
イクメンと言う言葉がブームになり、育児に積極的に携わるパパは増えている。これをきっかけに家庭内の様々な仕事にも携わるようになるのだろう。

それでも、イクメンとはやはり「育児」をベースに考えているように思う。
もっと多面的に、男性の選択肢を増やす事は出来ないのだろうか。


女性はこれからどんどん社会進出をして行けるようになると思う。


では、今まで女性が担っていた家庭内の仕事、「家事」はどうなるのか?


もしも、今まで通り女性が担うのであれば、社会に出る女性は半端じゃなく忙しくなる。仕事をフルタイムでして、帰って来て様々な片付け、洗濯、掃除、料理、子育て。これらが圧し掛かってくるのは誰でも出来る事ではないだろう。
子どもに関しては、産育休が取れるようになって来たり、病気の子どもを預かってくれる病児保育が広まって来たりしている。
でも、「家事」は日常だ。子どもがいようといまいと関係なく当たり前のように行わなくてはいけない。

家事の代行サービスは、決して安いものではない。と、なれば誰もが毎日利用出来るというものでもないだろう。


だからこそ、今まで積極的には関わってこなかった「家事」に、男性が積極的に参加して行くべきだと思う。

男性が家事に参加する事で嫌がられるのは、家族間でのルールがきちんとしておらず、家事を担っている人の中にルールがある事でルールを破ってしまうから。
また、男性の家事に対する苦手意識。
苦手な事はどう関わって良いか解りにくい。そのため、より関わりたくなくなってしまう。
そして、お互いの意識の問題。「家事をやるのは女性」「男性は外で働く」。女性の社会進出が活発になってきた今でも、家庭内の事になるとまだこの意識が強いように思います。


家事を家族で分けあいながら生活をする。
生活を楽しんでこそ、仕事も子育ても充実出来るのではないだろうか。
その生活を、「家事シェアリング」という考え方の元、見直す事が出来たらtadaima!のビジョンに一歩近づく事が出来ると思う。













スポンサーサイト
【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。