FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂らいふ ~道具を慈しむ~

Category : ・日記
年末の大掃除をしたり、片付けや生活に関して、真剣に勉強して、実践して、考えるようになって。


これまで以上に、道具の大切さを感じるようになりました。
ボールペンだって、ノートだって。
クッションだって、Tシャツだって。
包丁だって、お鍋だって。


これまでは何となく、デザインがカッコイイからとか、安いから、なんて思って買っていました。


でも、そうじゃない、物の見方ってあるんです。

大切な人に、プレゼントするとき、適当に選びますか?
一生物にしよう!って思って物を選ぶ時、価格が安いからって理由で、選びますか?



もちろん、予算には限りがあるし、時間にも限りがあるし、全ての物って訳じゃないけど、それでも、これから自分が手にする物は、厳選された物でありたいなと、思います。



最近見たDVD。
「食堂かたつむり」
「深夜食堂」
「かもめ食堂」(これから見る予定、レンタル済です♪)


すっかり「食堂」モードです。
でも、そんな中で、食事を慈しみ、道具を慈しむ姿をたくさん見る事ができたように思います。

料理をする時は、食べて貰う人の笑顔が嬉しくて、作ります。
これは、どんなに時間がない時でも一緒。

時間がなくても、ささっと作った料理でも、食べてくれる相手が「おいしいな」と思って貰えるように作ります。
たまには失敗もするけど、思いは一緒です(笑)




だから、道具や食材と会話しながら、「なかなか上手にできたんじゃない?」なんて鍋の中の料理と目配せなんかしながら過ごす、料理をしている時間が大好きです。
だから、話を聞いてくれない、雑な道具よりも、会話のキャッチボールができる大切な道具達と共に、過ごしたいんです。




つまり、すっかり「食堂」モード。なんです。


スポンサーサイト
【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。