FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談

Category : ・日記
何を隠そう、怪談が好きです。
それも、有名な怪談とか、長編のホラー映画とかではなくて、
なんてことのない、実体験のような、大してオチもないような話しが好き。

怪談話に「オチ」があると、なんとなく白けてしまうのは僕だけでしょうか。
例えば、よくある怪談としては。

夜中にタクシー運転手が乗せた女性客。目的地に着いたから車をとめたら、なぜか誰も乗っていなかった。

みたいな話しで、

その女性を乗せた場所は、以前事故死があった場所だった。


と、言うような締め。
これがあると、僕は「へー。そうなんだ。じゃぁしょうがないよね。うん」って具合に妙に納得してしまい、
あんまり怖くなくなってしまうんです。

だから、そこのオチがなくって、「え?なんで?どうして、その幽霊は出てきたの?」みたいな方が、
未知の可能性を感じて、好きなんです。

よくあるオチ、そして興ざめしてしまうオチとしては。



昔戦地だった。
前の住人が自殺していた。
事故死があった。
殺人現場だった。
心霊スポットのトンネルだった。


などなど。
お化けがでる理由をロジカル?に説明する必要はないと思うのです。
そこを説明しないことによる、気持ち悪さや、落ち着かなさや、クエスチョンが、じわじわっと後で
効いてくる気がするのです。






だって、説明がないと、その現象がもしかしたら自分の身にも、起こるかもしれないって、
ちょっとだけ思うじゃないですか。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。