FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】両立家事セミナー 大掃除編

Category : ・イベントレポート
お掃除講座

あっという間に12月も半ば。
今年最後の両立家事セミナーでは、大掃除編を行いました。
大掃除は昔は”すすばらい”と呼ばれており、年末の一大行事だったそうです。

アチコチ綺麗にしてまわり、一年間の汚れをさっぱりとする。
あぁ、なんてすばらしい行事なんだろう。
と、思ったりもするのですが忙しい年末の中、実際にやるのは正直めんどうくさい。

最近では大掃除をやらない家庭も増えてきているとか。
ぜったいにやらなくてはならないわけではないけど、なんだか楽しみとして大掃除をできないものかと思うわけです。

むかしむかしのことですが、まだ自分が子どもだったとき、大掃除はちょっとした楽しみだった。でも、べつに大掃除が楽しかったわけではなくて、その後に行く肉の万世が楽しみだった。
その日ばっかりは、ご褒美になんでも好きなモノを食べてよかった。
でっかいステーキを頼んでは(たぶん2500円位するやつだ)贅沢にひたりながらもぐもぐしていた。

なんだか1年に区切りがついた気がして、思いっきり腹いっぱい食べて。そのための大掃除だった。

たしかに、大掃除は面倒くさいかもしれない。
けど、ご褒美を決めて、換気扇とか網戸とか、洗濯機とか、気になっているところを掃除すると気持ちまで軽くなる。

そんな家族のイベントだから、

■ご褒美を決めて!
■掃除するPOINTを絞って!
■役割分担を決めて!

親子で楽しみながら、「1年間ありがとう。来年もよろしくね!」っていい合えたらいいのになぁ。




tadaima!News---------------------------------------
■2013年新規プロジェクト情報!

1>㈱ライオン・ソフランおうちーむプロジェクトスタート!
この秋新発売の柔軟剤、ソフラン。
家事シェア中心とした新プロモーションにtadaimaも全面協力
しています!ぜひプロジェクトを盛り上げて、家事シェアを広め
て下さい!
詳細はコチラ

2>家事シェア白書・販売開始!
日本の家事分担ってどうなってるんだろう?オトコにとって家事って
どんな意味があるんだろう?そんな疑問から生まれた家事シェア白書。
ただいま、絶賛発売中です!
詳細はコチラ
-----------------------------------------------tadaima!
スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

Comment

非公開コメント

【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。