FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

世界一寝ていない、日本のワーキングマザー

Category : ・家事シェア考察
働く男は忙しい。
それはきっと間違いない。
でも、こんな記事があります。

なぜ、日本の働く女性は世界一睡眠時間が短いのか -結婚と家事分担・女の言い分



たぶん子どもがいなかったり、あんまり家事育児に携わらない人からすると、仕事以外の時間ってプレッシャーから開放されたリラックスタイムって感覚なんです。
仕事中はいわゆる拘束された時間。その拘束から解放されることで自由になる。だから、家事をするのも育児をするのも自分の裁量でできることだから、忙しいかもしれないけど仕事ほどじゃないよね。

とても残念なことに、まだそう信じている人は多い。

拘束されてるってことなら、小さい子を抱えての家事は思い通りになんてならない。
子どもが眠るまで、その拘束は続く。
それが、いいとか悪いとかってことではなくて、そういうことなんだなぁということをもっと当事者以外が知る必要があると思うんです。

すごく当たり前のことなんですけど、まずはそのことをちゃんと知るってことが大事。
心ない言葉も、態度も、変わらない対応も、なんのサポートをすればいいのか解らないのも、全てが知るってことから始まるんだと思うんです。












スポンサーサイト



テーマ : 食生活
ジャンル : ライフ

Comment

No title

こちらの資料もご参照〜。「子どもの早起きを進める会」
http://www.hayaoki.jp/gakumon/20120909_hori.pdf

上記URLの記事の主旨は「ワーキングマザーの睡眠時間が短い」ですが、最も睡眠時間が少ないのは40-50代の女性(専業主婦も含め)。彼女たちの起床時刻が早い理由は「中学・高校生の子どもの弁当づくり」と推察されます。

Re: No title

なるほど!お弁当作り!
そうですよねぇ、朝ごはんならなんとなく適当に済ませてしまっても、お弁当ってやっぱり手間がかかる。
なんか、何年か前に東京ガスのCMでみた、お母さんが毎日お弁当を作り続けるCMを思い出します(^^)
非公開コメント

【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ