QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初!娘と2人きりの夜

Category : ・日記



昨日から今日にかけて、妻が仕事のため大坂へ出張に。
人生初の娘と2人きりの1日が始まりました。

これまで「夫婦で一緒に育児をがんばって来たんだ!」と言う成果の問われる1日になりそう。
やはり心配だったのは「お風呂」と「夜泣き」と「朝の準備」この3点。
どれも2人体制で乗り切ってきているので、これらを無事にひとりでこなせるかどうかがポイントでした。


「お風呂」
これは僕が仕事が遅くなる日などは妻にひとりで任せることもあるし、何度か僕自身ひとりでやったこともあるタスク。
しかも春が来てすっかり暖かくなったため、大急ぎしなくてもまぁ娘も風邪はひくまいと思うのです。
ここで敢えて自分に課したポイントは「娘を泣かさない」でした。
いつも僕がお風呂に入れて、その後娘を妻が受け取って着替えさせる。と言うのがわが家のお風呂スタイル。
お風呂マイスターの父としては、極上のお風呂タイムを娘にプレゼントし続けたいわけです。

今夜は受け取りをしてくれる妻がいない。
娘が泣くか泣かないかは、この「自分の身体を拭いて着替える」「娘をリビングへ連れて行く」の間にかかっているのです。

いつも通りに一緒に湯船に浸かり、娘もニッコニコ。
娘をお風呂スポンジの上に乗せて、上からタオルをかけて、その間に自分の身体を拭いて寝間着に着替える。
娘をスポンジからピックアップして、リビングへダッシュ!
頭も乾かさないまま、なんだか身体もまだ半分濡れているような状態のまま、娘を泣かさないように引きつった笑い顔で狭い家をダッシュする姿が面白かったのか、娘氏は終始ゴキゲン!!!

その後、鼻がズビズビしている娘の鼻水を吸うので、結局娘さんは人生に絶望しているかのごとくに泣きわめくはめになるのですが。。。



「夜泣き」
無事に寝かしつけも終り、お風呂も片付けて夜泣きに備えます。
これまでは一度寝たら朝までぐっすりだったんだけど、寝返りをうてるようになってから大暴れして勝手に起きてしまう娘さん。夜中の1~2時には1回起こされます。

問題(と、言うか面倒くさい)はその後の寝かしつけに授乳が必要な点。
おっぱいによる即時対応ができない父はミルクをつくるしかないわけです。でも、つくったり冷ましたり、その間ギャンギャンに泣かれると結構しんどい。

そこで、サーモスにお湯をセットして夜中の授乳に備えます。


…2時。うっすら緊張していたためか僕はバッチリ目が覚めてしまったのですが娘さんはまったく起きる気配なし。Facebookにつぶやきます。「娘寝てるのに、俺、目が覚めた」と。
でも、今寝たらすぐに起こされるかも、などとグズグズしていたら3時。娘さんは大イビキかきながらぐっすり。
結局娘さんが起きたのは4時30分。しかも全然泣かず、ご機嫌にひとり遊びしている模様。

めっちゃ寝たじゃん。夜泣きしなかったじゃん。俺、もう起きる時間だし。


「朝の準備」
その後、再度寝かしつけをして僕は起床。
僕はこの朝の準備でも自分にある事を課してました。それは「顔も洗ってない寝ぐせのまんまで保育園に連れて行かない」です。
もうね、妻無しで一晩過ごすってなったら保育園の先生達が「大変ですねー!」「大丈夫ですかー!?」ってすっごい心配をしてくれるわけです。
もちろん好意から心配をして下さっているわけだし、ただの会話でそんなに深い意味もないのかとも思うのですが心配をされる度に「パパひとりでできるのかなー?」「本当にあなた子どもと一緒に過ごせるのー?」と言われているような気持ちに(天邪鬼^^;)

ここは、朝ヘロヘロな顔して保育園に行く訳にはいかない!
シャキッとして、「何事もありませんが何か?」と言う顔して娘と共に登園しよう!と思ったわけです。

さて、朝の準備。

いつもシャワーを浴びるのですが、娘が起きて泣きだしてからのんびり浴びるわけにもいかず。
なので娘が2度めの睡眠に入った5時頃、こそーっとシャワーを浴びに。
シャワーじゃなくてもいいじゃん、って思いますが染み付いた習慣って不思議なもので「なんとしてもシャワーを浴びねばならぬ」と思ってしまっていました。
かつてないくらいに、大慌てでスリリングなシャワーでした。
なんだか、いつ爆発するかわからない爆弾を寝室に置いたままシャワー浴びてるような。。。


シャワーから出たら、爆発してましたけどね。。。




と、言うことで何とか朝の支度もバタバタと終えて保育園も無事に届けてホッと一息。
こうして妻抜きで一晩を過ごしてみて改めて思うのは、育児は2人体制で行うと本当に楽(ではないけど、ひとりよりは)。

1人体制になった途端に大変さって倍、じゃないんですね。時として3倍、4倍にも膨れ上がる。


妻がこれまでしてくれていたことで、本当に助かったポイントを2点。

「保育園とのやり取り」
先生たちに「私出張でいないんですー」とあらかじめ伝えていてくれたおかげで、保育時間を6時いっぱいまで引き伸ばしてもらうことができました。(それまではならしで4時過ぎまで)
先生たちも応援してくれるし、何だかんだで心強いことこの上ないです。


「育児記録」
冒頭の写真の記録。娘が産まれてから毎日毎日かかさずに記録しています。
何時まで寝て、いつトイレして、いつミルクをどの位飲んだのか。

この詳細な記録があるおかげで、娘との生活リズムを予想しやすくなる。
予想が立てられると不安も減るし、予想外のことが起こっても「予想外だ!」って対処しやすくなる。
娘の体調がいいのか悪いのか、ミルクをこの量しか飲まないのはいつものことなのか、そうではないのか。
この記録があると、育児の情報共有がスムーズ。

もし付けられるのなら、付けておくことをオススメします!



さあ、ゴールデンウィークはみんなでいっぱい遊びに行くぞー!!!






















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。