FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

子どもと片付け研究家

Category : ・家事シェア考察
「子どもと片付け研究家」になろうと思う。



「子どもと片付け研究家」って何?




tadaima!のミッションは、
「ただいま!」と言いたくなるような空間を実現する事で、仕事や生活に対して前向きに向き合う機会を創造する。


です。
つまり、大きな事を言ってしまえば、日本中の家が居心地の良い、帰りたくなるような家になるといいなって事。
家は本来、「巣」であり、そこに帰る事で鋭気を養い、リラックスし、明日にそなえる場所。

そう言った空間を作るためにいったい何が出来るのだろうか。

そこで出た答えの一つが「片付け」。


広くなくても、立派な持ち家じゃなくても、快適な「家」を作る事は可能である。そのためには「建物」としての家ではなくて、そこに住む「家族・人」としての「家」にアクションを起こす事。それが、ミッション達成のための近道だと考えた。

それに加え、さらに考えた結果。
「片付け」を特別な行為としてとらえるのではなく、当たり前の行為にしなくてはならない。そのためには、この物に溢れている日本に「新しい物との付き合い方」の価値観を広めて行かなくてはならないのではないかと、思った。つまり物と人との間に文化が出来るのだとすれば、そこに新しい価値観を埋め込んで行く。




親から子へ。





その子どもは、いつか親になり、また、その子へ。







「おふくろの味」やなんかと同じように、語り継がれていく「我が家の片付け」。





そんな社会が実現したら、みんなもう少しだけ、自分の家が好きになれるんじゃないかな。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ