FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

子どもと片付けをするには。

Category : ・家事シェア考察
子どもと一緒に片付けをするのに必要なのは「ゲーム性」だと言われる。


つまり、


「これをお母さんとどっちが早く片付けられるかな?よーい・・・どんッ!!」



などのように、「競争ゲーム」にしてしまう。

そうする事で、子どもは遊びながら「片付ける」事を学んでいくようだ。




さて、僕がここから問題にしたいのは、「片付けの方法」をどの段階で教える事が出来るのか。
「片付けをする」事を習慣化するには、ゲーム性を持たせて教えて行く方法もいいと思う。でも、親が片付けとは何をする事なのかが解っていなければ、子どもに「片付けとは何なのか」を教える事は出来ない。


誰かに何かを教える時の基本になると思うが、長い目を持って教えて行く忍耐力。これがとても大事になると思う。
自分が片付けについて学び、子どもと一緒にゲーム感覚で続けて行く。子どもと一緒に遊びながら片付けを学ぶ。
子どもに教える時が多いだろう。でも、時として子どもから教わる事もあるに違いない。

子どもの意外な一言、意外な着眼点。そう言ったものが自分の家を見直す事になるかもしれない。



「お母さん、なんでココにコレがあるの?」
「お父さん、なんでコレをココにしまうの?」

素朴な疑問ほど、的を射ている場合が多い。
そんな時、改めて見直し、考え直す心の余裕も欲しいものだと思う。

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ