FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
Welcome to tadaLOG


→→■NPO法人tadaima!のHP
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭にしよう!

→→■家事シェア白書 絶賛発売中!
〜家事シェア白書〜夫婦の家事を家族事にする、家事シェアのススメ〜
みんなの家事分担事情、どうなってるの?をまとめた、471人のリアル。

応援お願いします!クリッククリック☆

家事シェア元年シンポジウム2013 レポート

Category : ・イベントレポート
2013年8月4日。
真夏の炎天下の中、虎ノ門にある日本財団にて家事シェア元年シンポジウムを開催しました。
tadaimaの活動の、一区切りともなるシンポジウム。
今回のテーマは、
「社会から見た家事シェア」
「夫婦から見た家事シェア」
のふたつ。

それぞれの視点からみた家事シェアについて参加者のみなさんと一緒に考えました。
なかでも盛り上がったのはトークセッション。
サラリーマン代表としてtadaimaでもプロボノをしてくれている一ノ関さん。
サンピンメシと言う活動を通して、くらしにまつわる活動を数多く手がけている浜田さん。
日本で唯一の兼業主夫放送作家のジョージさん。
主婦の働くを応援する人材派遣会社ビー・スタイルより、川上さん。
MCとして、妻であり、女性の産育休復帰の支援を行うNPO法人ArrowArrowの堀江さん。

家事シェアシンポジウム 講座①


それにしても、さすが放送作家。ジョージさんの口からは数々の名言が飛び出しました。
トークセッションなどのまとめはコチラにあるので、ぜひ見てみて下さい。

家事シェアシンポジウム トークセッション②
家事シェアシンポジウム トークセッション

その後、ワークショップで、家事シェアのための方法を考えてもらいました。
DSCF2250.jpg
DSCF2252.jpg



当日は本当にたくさんの方に参加していただきました。
終了後のアンケートもほとんどの方が丁寧に記入して下さり、家事シェアの大切さについてを
みんながそれぞれに思っているんだと感じました。
なかでも嬉しかったのが、

「家事シェアを広めたいですか?」

との質問に9割の方が「強くそう思う」とご解答いただいたこと。

さぁ。これからがtadaimaが動き出す。そんな暑い想いで、一歩一歩進んでいきたいと思います。

いつの日か、家事をシェアするのが当たり前の社会になるように!


最後は、メンバーが誕生日だったのでお祝いの品をみんなから渡して♪
DSCF2336.jpg

【活動レポート】浦安市片づけ講座

Category : ・イベントレポート
浦安市片づけ講座


2013年5月12日。浦安市中央公民館さんからのご依頼で、お片づけ講座。

浦安市さんからは度々講座のご依頼をいただいていて、もう4回目。だんだん愛着がわいてきます。


当日は雨が降ったりやんだりのうっすらとした霧雨。
浦安駅から歩いて10分ほどの立派な公民館へ。

シャキっとした天気ではなかったけれど、たくさんの方にお越し頂きました。
もともと4回の連続講座で、テーマは「エコ」。
1回目は料理、2回めが片づけ(tadaima!担当)、3回目、4回目はまた違うこと。(忘れちゃいました)

片づけってやっぱり苦手な人や、興味のある人が多いらしく、とても楽しみにして来られた方もいらっしゃいました。


いつものように、「片づけの大切さ」を考えるワーク。
最初は自分にとって片づけが大切な理由を考えて、最後には「片づけを通して子どもに学んでもらいたいこと」を考えてもらいます。

ところが、いつもより参加下さった方がご年配の方が多かった。
いつも小学校低学年位のママさんが中心だったからと思って、事前に確認しなかったのはいけなかったな。


お孫さんに学んで欲しい〜と言うことで考えてもらいました。


これまでは比較的考えるワークが多かったのだけど、今度からは実際に洗濯物をたたんだり、小物をしまったりする実践ワークをやろう。


講座を終えて、浦安駅近くの喫茶店で食べた豚しゃぶ定食が絶品だった。今度浦安行くときはあそこの喫茶店で、また違うものを食べてみよう。

パパ家事講座

Category : ・イベントレポート


ほどがやイクメン男子部。
と言うパパスクールの家事担当でお呼ばれしました。

普段家事についてなんて、話し合う機会はあまりないであろう、パパさん同士。
良い機会なので熱く家事についておしゃべりしてもらいました。


やっぱりね、小さな不満はあるもんです。

「洗濯物をたたみ直されちゃったりします」
「キッチンとかはやっぱり入り難いです」

なんて。でも、ママ向けに家事シェア講座をやる時の10分の1位かな。
特長的なのは不満より、申し訳なさがジンワリにじみ出てたこと。


きっと、申し訳ない気持ちを感謝の気持ちに変えて表現するといいんだろうなと思います。


家事シェアのコツは自分のやる気を態度と姿勢でちゃんと示すこと。


講座の後半はお掃除。
施設の方にお掃除してもらいたい場所を伝えてもらい、スタート。
せっかくの休日に子連れで講座に来て、施設の掃除をするなんて!

って怒られなくて本当によかった。



2人ひと組になって、1ヶ所づつ掃除。みんなお子さんを抱っこしたりあやしたりしながら一生懸命お掃除してくれました。

子どもを抱えながら掃除することの大変さ。
ささいな事でもパートナーを褒める練習。
スッキリすることの心地よさ。

みんな、ワイワイ言いながらしっかり取り組んで下さいました。


楽しかったなぁ。
またみんなでお掃除したいなぁ。

【レポート】ワクワク家事シェアリング☆

Category : ・イベントレポート


先日、スリール株式会社さんと一緒に日本財団にて行った家事シェアリング講座。
素敵なママさん達に参加いただき、好評の中終えることができました。

今回は、今までやっていた家事シェア講座の内容をスリールの堀江さんと共に
全面的に見直し。

↓家事を1人で担ってしまうイライラのサイクル。

家事シェアWS①



例えば、

夫「お皿洗っとくね〜」
妻「助かるわ〜」
翌朝
妻「あれ?お弁当箱のフタがない?ティファールの取手どこ?」
夫「あそこにしまっておいたよー」
妻「ありがとう(しまう場所、そこじゃないのに。見れば解ると思うんだけどな)」

なんて、細かいことの積み重ねが、結局「自分でやった方が早い!」
を招く事に。

その悪循環を、

家事シェアスライド②

好循環にする。
そんなテーマでワークショップを行いました。

そのためのPOINTは3つの事を家族とシェアすること。
★理想
★環境
★やり方

シェアされた後、生まれた時間をどんな風に過ごせるのか。
物の位置はちゃんと共有されているのか。
家事のやり方は共有されているのか。

この3POINTが大切。
特に、「やり方」を伝えるためにはコツがあります。
それは「やって欲しくない事」を共有すること。
そして、それ以外は自由にお願いする。

シェアをしようと思ったら、細かい自分ルールにこだわらずに、
相手にちゃんと委ねることがまずは大事。


家事のシェアは、家族だけでなくアウトソーシングもこれからは必要になってくる。
そんな時にも、伝えるコツを知っていると、楽ちんですよね。

【共働きのための両親学級 プレ開催】@まんまる助産院(立川市)

Category : ・イベントレポート
※ずいぶんと、お久しぶりの更新になってしまいました。
さて、しばらく更新していない間に、たくさん報告したい事が溜まってしまいましたので、順次更新して行こうと考えています。

新しく購入したMacBook Airのキータッチにほれぼれしながら、ぽちぽちと書き進めてまいります。



9月4日(日)、いよいよ準備を進めていた【共働きのための、両親学級】を立川市にある「まんまる助産院」さんでプレ開催致しました!

両親学級1


当日は両親学級と言う事で、旦那さんにも参加頂き、妊娠・出産そして産後の過ごし方やサポートなどについて話し合ってもらいました。


まず、前半はまんまる助産院のまりこ先生に身体や、サポートのお話しを頂きました。
先生のお話しの中で、気をつけないとな~と思った「緑のたぬき」のお話し。
産後の慌ただしい中、ママ自身は食べる物もままならない状況。それでも旦那さんのために何とか作った晩ご飯。それを仕事から帰って来た旦那さんは「食べるものあんまりないなら、緑のたぬきでも食べるよ」と言ってしまい、奥さんの逆鱗に触れてしまった、と言う話し。

もしかしたら、男性にとっては「俺はカップ麺でもいいんだよ」と言う、優しさのつもりもあったのかも知れません。
でも、奥さんにしてみれば、休む間もなく赤ちゃんと過ごしている間に頑張って作った事を、まずはねぎらって欲しかったのかも知れません。

こういった、ミスコミュニケーションは何もない日常生活の中でもおこりがちですが、特に気持ちが高ぶり、身体も思うようにならない産後の時期などにはどーん!と爆発してしまいがちのようです。


そんな事にならないように、お互いの事を理解し合う事。その上で、妻はどのようなサポートが欲しいのか、夫はどのようなサポートができるのか。話し合いながら見つけるためのワークショップでした。


両親学級2

両親学級3


この両親学級をひとつのモデルとして、広く派生させて行くための方法を今、模索中です!
コンテンツをもっと増やして、より多くの夫婦にとって意義の高い両親学級を開催できればと思います!



--
------------------------------------------------------------
【任意団体tadaima!】
三木智有
[Tel] 090-6340-4290
[Mail] miki@npotadaima.com
[HP] http://npotadaima.com/
[Blog] http://tadaima13.blog108.fc2.com/
[Twitter] http://twitter.com/tadaima_Tomo
[週刊片コツ]http://archive.mag2.com/0001165890/index.html
-----------------------------------------------tadaima!

tadaima!News---------------------------------------
■tadaima!WEB正式リリース!
tadaima!のHPができました。
10年後、20年後も「ただいま!」と帰りたくな
るような家庭を実現する。
そのための活動を紹介しています。

妊娠~出産・産後の生活を夫婦で快適に過
ごす環境を作ることが、あなたの「ただいま!」
を実現します。
・tadaima!のVISION
・事業紹介
・パパ家事イベントの紹介 etc・・・

ぜひ、ご覧ください!
http://npotadaima.com/
-----------------------------------------------tadaima!
【MENU】
プロフィール

Tomoari Miki

Author:Tomoari Miki
NPO法人tadaima!代表理事
三木智有

【tadaima! Vision】
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたくなる家庭を実現する!

【Mission】
働くことも、家庭を営むことも大切にできる社会の実現



三木智有
1980年生/32歳
鳥取県出身・東京都国分寺市在住

2006年/インテリアコーディネーターとして独立。
多くのコーディネート、リフォームなどを手掛ける。
部屋をリフォームしても、そこに住む人が片付けが苦手だと、
快適な暮らしが出来ない事実を知る。
働くことだけでなく、男性ももっと「くらし」を楽しめるような社会を実現したいと想い、NPO法人tadaima!を設立。

2010年/ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第2期生(内閣府・地域社会雇用創造事業交付金事業)
2011年/社会起業塾イニシアティブ2011年生
2011年/NPO法人tadaima!設立



【twitter】tadaima_Tomo
http://twitter.com/tadaima_Tomo

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
【クリックで応援!】
ランキング参加中!クリックお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ